bouzan takami

書的田舎暮らし

ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで

ストリートの美術 大山エンリコイサム著

 

グラフィティアートはこれからどこに行くのか。

都市の壁を一瞬の間占有する行為は、刹那的なものです。書いては削除されるか、上書きされてしまう。バンクシーのように商業的に成功したグラフィティは壁ごと美術館に保存されるが商業的なグラフィティはフェイク。ほとんど物質的なアート作品としては残らない。

ベンヤミンは都市は写真の中にしか残らないといった。グラフィティも写真の中にしか残らない。画像によって記録されるアートになっていく。SNSによって世界に拡散されていくアートになっていくようです。美術館に飾られるアート作品よりパワーのあるアートになる。

 

竹林