bouzan takami

書的田舎暮らし

人生ミスっても自殺しないで、旅

人生ミスっても自殺しないで、旅 諸隈元著

 

コロナで旅行に行けないので旅の本を買いました。

 

著者はルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタインの哲学を小説にするために家に7年間閉

 

じこもります。その小説は評価されず生きていく意味を失う。そして旅に出る。

 

ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタインのゆかりの地を旅する話です。

 

キャシングしようとATMにカードを入れると出てこない。金がないので駅で野宿したら

 

片腕のない黒人に興味のないCDを売りつけられる。断れなくて追加料金まで取られる。

 

海外旅行でよくきくトラブルですが、著者の語りが面白くて一気に読みました。

 

著者は文章の書き方についてパウル・クレーのように書くべきだ。理論は解らない。た

 

だ何となくわかっている。と述べています。時間軸にとらわれない文章が魅力です。

 

これは一粒で三度おいしい本でした。旅行と哲学とアートの蘊蓄が語られています。

 

f:id:bouzan:20220202153125j:plain

お菓子の里ドイツ館