bouzan takami

書的田舎暮らし

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。 ジュリア・キャメロン著 菅靖彦訳

 

本当にやりたいことを見つける方法について書かれた本です。

著者は映画製作 脚本、小説、作曲と自分のやりたいことを追求しています。長い鍛錬をして技術や専門知識を修得しても、それが心から楽しくなければ、やめることを進めています。本当にやりたいことがあれば方向転換をする。それをしないで好きでもないことを無理に続ければネガティブな感情に陥ってしまって失敗する。

 

著者は「市場は黄金の牛である。黄金の牛を崇拝するとき、私たちは魂を押し殺し、自分を通して働く創造性と調和を失ってしまう。」と述べています。マーケットで売れる作品を追求すると、心の調和を乱す。他人から評価されることより作品を作ること自体を楽しむ。

 

どうすればやりたかったことを見つけられるか。誰にでもできる単純な行動です。朝起きて日の光を浴びて散歩する。そのあと自分の本当の気持ちを紙に書く。著者が自分でやって効果があったことです。自然と調和することで自分の本当にやりたいことを見つけられる。

 

f:id:bouzan:20210910135256j:plain

フラワーセンター210910