bouzan takami

書的田舎暮らし

兵庫陶芸美術館 後期 特別展 赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ―

兵庫陶芸美術館 後期 特別展 赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ―

 

7月20日から後期展が始まりました。人が多いなと思っていたら、「夏休み! 1日 まるごと こどもの日」というイベントが開催されていました。親子でメモを持って作品鑑賞をしていました。

 

f:id:bouzan:20210723091131j:plain

兵庫陶芸美術館渡り廊下

古伊万里は伝統を継承するだけでなく南蛮の絵付けのような新しいデザインを取り入れています。輸出用に考えられたのでしょうが、新鮮で需要があったのだと思います。

f:id:bouzan:20210723091241j:plain

南蛮絵付け

 

 丹波焼の常設展もあります。古丹波の重厚な壺は迫力があります。

f:id:bouzan:20210723091404j:plain

丹波焼

美術館は山の中にあり庭園を歩いていると涼しい風が通ります。

f:id:bouzan:20210723091433j:plain

兵庫陶芸美術館庭園