bouzan takami

書的田舎暮らし

短編回廊 アートから生まれた17の物語

短編回廊 アートから生まれた17の物語 ローレンス・ブロック

 

アート作品を題材にした短編小説集です。ローレンス・ブロックがアイデアを出し、17人の小説家に依頼してできた短編集です。アート作品を見て作家が短編小説を書くアイデアはおもしろいと思います。

 

作家がアート作品を見て小説のストーリーを考えるのは、美術批評家と違った視点で見るので新鮮です。小説家がどうやってイメージを膨らませるのか興味深い。最後まで一気に読みました。

 

ゲイル・レヴィンが書いた(ジョージア・オキーフ花のあと)短編小説というより、美術批評だと思いました。エドワード・ホッパーを題材にした短編集「短編画廊」でもホッパーの遺作整理の裏話があります。フィクションなので嘘か本当かわかりませんがアート業界の生々しい話でした。

 

f:id:bouzan:20210718135247j:plain