bouzan takami

書的田舎暮らし

生贄探し 暴走する脳

生贄探し 暴走する脳 中野信子 ヤマザキマリ

認知科学中野信子さんとイタリアの歴史に詳しい漫画家のヤマザキマリさんの対談集です。おふたりの専門分野がクロスする部分が刺激的です。対談形式は二つの視点からの相乗効果があっておもしろいです。

 

日本人は空気を読んで自己主張しないといわれています。それは悪いことではないと思います。日本は平和で平等な社会が長く続いて自己主張しなければ生きていけない社会ではない。日本人のヤマザキマリさんは自己主張しなければ生きていくのは難しいイタリアで暮らして、しっかりイタリアの社会に適応されています。日本人は適応能力が高いので厳しい環境になればそれに対応できます。

 

中野信子さんは日本人がおとなしく、闘争心もなく、自己主張もできないのであれば近隣諸国に支配されていた。日本が独立した国家を維持してこれたのだから自己主張できるし闘争心もあると主張されています。

 

日本はオワコンとか、人口減少によって衰退するとかの意見がありますが、環境が厳しくなれば上手に適応していくと思います。

 

f:id:bouzan:20210712081208j:plain

日はまた昇る