bouzan takami

書的田舎暮らし

兵庫陶芸美術館 特別展 開館15周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」

兵庫陶芸美術館 

特別展 開館15周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」

会期 2021年3月20日(土)~5月30日(日)

 

No Man’s Land(主のいない、不毛の土地を表わすと同時に、意味と複数の異なる領域が重なり合った曖昧な状態)をテーマにした展覧会です。

 

陶芸の用の美からコンセプト重視の作品は伝統と断絶しているので、不毛の荒野を旅する覚悟が必要です。

 

現代陶芸の前衛的な領域と陶芸以外の素材を使った領域で活動する1970~1980年代生まれの15名の作家の作品が展示されています。

出品作家

永邦洋 Akinaga Kunihiro(1978- )

稲崎栄利子 Inazaki Eriko(1972- )

かのうたかお Kano Takao(1974- )

木野智史 Kino Satoshi(1987- )

金理有 Kim Riyoo(1980- )

谷穹 Tani Q(1977- )

出和絵理 Dewa Eri(1983- )

新里明士 Niisato Akio(1977- )

林茂樹 Hayashi Shigeki(1972- )

増田敏也 Masuda Toshiya(1977- )

松村淳 Matsumura Jun(1986- )

見附正康 Mitsuke Masayasu(1975- )

山村幸則 Yamamura Yukinori(1972- )

若杉聖子 Wakasugi Seiko(1977- )

度會保浩 Watarai Yasuhiro(1981- )

 

前衛という不毛の地を進む。若い作家たちの作品に現代アートとしての陶芸を感じました。

f:id:bouzan:20210526140338j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週記念1

f:id:bouzan:20210526140529j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週記念2

f:id:bouzan:20210526140637j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週記念3

f:id:bouzan:20210526140759j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週年記念4

f:id:bouzan:20210526140905j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週年記念5