bouzan takami

書的田舎暮らし

植松永次展ー土と火 

兵庫陶芸美術館 植松永次展ー土と火 2020年12月12日~2021年2月21日

特別展ひょうごゆかりの古陶磁-丹波焼・三田焼・王地山焼展と同時開催されています。特別展では美術館所蔵作品でアレンジした「煎茶の道具立て」や「文房飾り」、
「料理の卓飾り」を展示してありました。陶芸が日常生活でどのように使われていたかをイメージできるように工夫されていました。特別展も植松永次展も写真撮影は許可されています。

f:id:bouzan:20210128160116j:plain

兵庫陶芸美術館01

f:id:bouzan:20210128161820j:plain

兵庫陶芸美術館 飾り付け

植松永次展ー土と火展

焼き物表現の新たな可能性を探る、彫刻とも陶芸とも見える作品です。器になる前のこれからなんにでもなれる自由な存在感を持つ作品です。なぜか懐かしい気分にさせてくれる雰囲気があります。作品を見ていると開放感がありました。

f:id:bouzan:20210128160936j:plain

兵庫陶芸美術館02

床に作品が置いてあるので歩くときには気を付けましょう。

f:id:bouzan:20210128161129j:plain

兵庫陶芸美術館03