bouzan takami

書的田舎暮らし

2021-05-05から1日間の記事一覧

良寛への道 言葉に生きる

良寛への道 言葉に生きる 岡田勝明著 著者は夏目漱石が良寛さんの遺墨を求めたのは、芸術品の鑑賞のために求めたのではなく、自己の生き方、自己の救いの問題として必要としたと述べています。良寛さんの書を評価する重要な要素は求道者としての生き方にある…