bouzan takami

書的田舎暮らし

兵庫陶芸美術館 特別展 開館15周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」

兵庫陶芸美術館 

特別展 開館15周年記念特別展 「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」

会期 2021年3月20日(土)~5月30日(日)

 

No Man’s Land(主のいない、不毛の土地を表わすと同時に、意味と複数の異なる領域が重なり合った曖昧な状態)をテーマにした展覧会です。

 

陶芸の用の美からコンセプト重視の作品は伝統と断絶しているので、不毛の荒野を旅する覚悟が必要です。

 

現代陶芸の前衛的な領域と陶芸以外の素材を使った領域で活動する1970~1980年代生まれの15名の作家の作品が展示されています。

出品作家

永邦洋 Akinaga Kunihiro(1978- )

稲崎栄利子 Inazaki Eriko(1972- )

かのうたかお Kano Takao(1974- )

木野智史 Kino Satoshi(1987- )

金理有 Kim Riyoo(1980- )

谷穹 Tani Q(1977- )

出和絵理 Dewa Eri(1983- )

新里明士 Niisato Akio(1977- )

林茂樹 Hayashi Shigeki(1972- )

増田敏也 Masuda Toshiya(1977- )

松村淳 Matsumura Jun(1986- )

見附正康 Mitsuke Masayasu(1975- )

山村幸則 Yamamura Yukinori(1972- )

若杉聖子 Wakasugi Seiko(1977- )

度會保浩 Watarai Yasuhiro(1981- )

 

前衛という不毛の地を進む。若い作家たちの作品に現代アートとしての陶芸を感じました。

f:id:bouzan:20210526140338j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週記念1

f:id:bouzan:20210526140529j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週記念2

f:id:bouzan:20210526140637j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週記念3

f:id:bouzan:20210526140759j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週年記念4

f:id:bouzan:20210526140905j:plain

兵庫陶芸美術館開館15週年記念5





 

 

 

 

 

私のマル 小野田實展

私のマル 小野田實展 姫路市立美術館

会期 令和3年(2021年)4月10日(土曜日)~6月20日(日曜日)

過去最大規模となる小野田實の回顧展です。

小野田實は具体美術協会の会員として活躍した。具体美術協会は前衛集団で伝統と断絶して他人の真似をしないことで有名です。いま世界的に具体美術協会の評価は高まっています。

私のマル展ではマルを描くことからマルの周辺を描くことに変化しているのがわかります。マルはミクロの点から無限の宇宙に広がる。円相の世界を哲学的な解釈で描いているように思いました。

 

f:id:bouzan:20210513114302j:plain

私のマル 小野田實展

 

おじさんはどう生きるか

おじさんはどう生きるか 松任谷正隆

人生100年時代をどう生きるか。その答えがこの本に書かれています。

仕事とユーモアと新しいものに興味を持つことが大事だと思いました。

松任谷正隆さんは若く見えます。70歳を過ぎていてもおじいさんでなくおじさんで通る。常に新しいものに興味を持って仕事をしていれば外見も若く見える。

好奇心をもって趣味を持てば仕事以外の人間関係が広がり新しい情報が入ります。新しい情報は脳を活性化します。

人年100年になると大変だと思うよりも好きなことをいっぱできると考えたほうが楽しい。悲壮感は何の役にも立たない。収入が減っても家庭菜園をやれば趣味を楽しめて自給自足ができる。家庭菜園はたのしいですよ。

 

 

f:id:bouzan:20210510102339j:plain

ジャガイモの花が咲きました。もうすぐ収穫できます。 

 

良寛への道 言葉に生きる

良寛への道 言葉に生きる 岡田勝明著

 

著者は夏目漱石良寛さんの遺墨を求めたのは、芸術品の鑑賞のために求めたのではなく、自己の生き方、自己の救いの問題として必要としたと述べています。良寛さんの書を評価する重要な要素は求道者としての生き方にあると思います。

良寛さんの生きた江戸末期に思想、哲学のない技術だけの書はだめだと、同時代の書家の共通の認識として共有されていたと思います。寺を待たない求道者としての良寛さんの書は高い評価を受けていた。明治になってから夏目漱石が求めてもなかなか手に入らないほど人気があったのでしょう。

明治時代に岡倉天心小山正太郎書による美術論争がありましたが、書の場合には技術や知識よりも書家の生き方を重要視するケースが多いと思います。飾るための美術ではないようです。

魯山人は地位や肩書を振り回して形だけの書を書いている書家を罵倒した。権威に惑わされないから良寛さんの書の良さがわかっていたと思います。魯山人が様を付けたのは良寛さんだけです。

 

f:id:bouzan:20210505094705j:plain

写経

 

 

 

 

永遠なれ魯山人  別冊太陽

永遠なれ魯山人  別冊太陽 監修山田和

魯山人の料理と器をメインに特集されています。

陶器は星岡茶寮で出される料理に使うために器をつくる。料理の材料は新鮮なものを使い、食材の各部位をすべて使い切る。実用のためのものです。虚飾の美を認めず、実質を重要視しています。それが魯山人の評価を高めていると思います。

書、絵、陶芸、料理もすべて独学で学んでいます。書を日下部鳴鶴に習ったようですが権威に盲従せずすぐ習うのをやめたようです。若いころは筆耕で生活していたようです。実用の書は技術がなければかけません。ごまかしのきかないものです。

見栄えや、権威にとらわれず、実質で作品を作っています。実用の美こそが芸術である。それが魯山人の芸術だと思います。

 

 

f:id:bouzan:20210428111425j:plain

花のプール

 

多様性を楽しむ生き方

多様性を楽しむ生き方 「昭和」に学ぶ明日を生きるヒント ヤマザキマリ

古代ローマから現代日本のように長い時間軸。日本とイタリアの空間軸。古今東西を使って多様性について具体的に書かれています。

昭和の時代は日本が高度経済成長を遂げた時代です。今日より明日はもっと豊かになる。誰もが希望を持てた時代です。その時代に著者は17歳でイタリアに留学して、いろんな苦労をしているので、日本イコール昭和の記憶が鮮明なのでしょう。少し昭和を美化しすぎのように感じます。

後進国と言われていた国が高度成長を始めて豊かになって元気です。先進国は成長率が落ちて閉塞感があっても豊かです。世界全体が豊かになってきているので悲観的になる必要はない。著者は人はどんな環境でも楽しみを見つけることができるといっています。その通りだと思う。

著者は17歳でイタリアで一人暮らしをしています。自分の意見をはっきり言わないと伝わらない。何もかも忖度して自分が考えていることが言えないのは多様性の時代を生きていけない。

多様性とは自分と他人の違いを認めて、相手の意見を聞くこと。はっきりと自分の意見を言うこと。

f:id:bouzan:20210412161410j:plain

風車

 

 

 

プログラマーがアーティストになる

レンブラントの身震い マーカス・デュ・ソートイ著 富永星訳

原題はThe Creativity Codeです。数学者がAIの創造力について書いた本です。チェスのチャンピオンが人工頭脳に敗れてから20年。AIは進化して今は創造力を持つようになりました。絵画、文学、音楽の創造力の分野にAIが使われるようになってきてオークションでAIが制作した絵画が高額な値段で落札されています。

 

いまは人がプログラムしたとおりにしか作品を作れないようですが、AIが自己学習能力をたかめていけば優れた作品を制作できるようになるでしょう。AIと人の創造力は同じではない。お互い影響してクリエイティブを高めていくようになります。これからはアルゴリズムを理解するアーティストが先端を走ることになると思います。

 

アルゴリズムをテーマに制作する日本人アーティストの作品が世界で評価されている。作品はすべて完売するようです。

 

 

f:id:bouzan:20210301153806j:plain

春蘭