bouzan takami

書的田舎暮らし

冬季特別展示「今森光彦-自然と暮らす切り紙の世界-」

書写の里工芸館で冬季特別展示「今森光彦-自然と暮らす切り紙の世界-」展が開催されています。会期/令和3年(2021年)1月6日(水)~4月4日(日)

 

切り紙の魅力にはまりました。写真集で見るのと違って、実物は迫力があります。原画、切り紙の習作が展示されていて製作工程がよくわかるように展示されていました。

世界を旅して自然と動物を撮る写真家で切り紙の作家です。アトリエの庭に里山を作り、自然の中で生きる生き物を観察する。そこから生まれる切り紙の作品を見ると癒されます。

f:id:bouzan:20210225163733j:plain

書写の里工芸館今森光彦-自然と暮らす切り紙の世界

 

書写の里工芸館には華厳宗管長、東大寺第207世別当 清水公照師の書、焼き物、泥仏が常設展示されています。

f:id:bouzan:20210225164450j:plain

書写の里工芸館01

泥仏の展示されているエリアは写真撮影が許可されています。

f:id:bouzan:20210225164745j:plain

書写の里工芸館 泥仏のエリア

 

絵そらごとの楽しみ ― 江戸時代の絵画から ―

兵庫県立歴史博物館 絵そらごとの楽しみ ― 江戸時代の絵画から ― 

会期:令和3年1月30日(土)~3月21日(日)

f:id:bouzan:20210219164523j:plain

兵庫県立歴史博物館01

 

絵空事とは事実でないことを誇張して伝えることですが、誇張することで作者が伝えたいことをわかりやすくすることが出来ます。山水画、屏風、どうぶつの絵、人々の営みを「絵そらごとの楽しみ」をキーワードにして展示されています。

 

源平合戦図屏風 」一の谷合戦にまつわるいくつかの場面を散りばめた屏風です。
えがかれる人物は総勢およそ500人。有名な坂落しや敦盛と直実のエピソードもえがかれます。屏風に物語を描くにはリアリティより絵空事のほうが伝えやすい。

 

「江戸時代の書」を見ると、江戸時代は鎖国体制で平和な時代が続き、日本の文化が成熟した時代です。書は中国から伝わりましたが、江戸時代に和様の美しさが生まれました。中国では科挙に合格したエリート以外識字率は低かったようですが、寺子屋が普及した日本では識字率は高かったようです。和様の書には用の美があると思います。

f:id:bouzan:20210219164627j:plain

兵庫県立歴史博物館02

兵庫県立歴史博物館の道路をはさんで南側には姫路市立美術館があります。

f:id:bouzan:20210219164848j:plain

兵庫県立歴史博物館03

 

もう春ですね

もう春ですね。フラワーセンターに花を見に行きました。

広場の菜の花はまだ咲いていませんが、大温室の中は暖かくて、彩鮮やかです。気持ちが暖かくなりました。大温室エントランスで「七段飾り」の雛人形や「かわり雛」のほか「お花のおひな様」などの展示がされています。古代鏡展示館は改築工事中で見ることができません。残念です。

f:id:bouzan:20210216154542j:plain

フラワーセンター01

大温室エントランスにお雛様が飾ってあります。隣の喫茶室は営業していました。

f:id:bouzan:20210216154711j:plain

フラワーセンター02

大温室 暖かくて気分は南国。

f:id:bouzan:20210216154928j:plain

フラワーセンター03

花のあるプール。こういう花の飾り方もありかも。

f:id:bouzan:20210216155053j:plain

フラワーセンター04

 

三行で撃つ

f:id:bouzan:20210227164007j:plain

2月14日

三行で撃つ 近藤康太朗著

ハードボイルド小説かと思ったら文章術の本だった。

書き出しは「ちょっとうまく書けたら、と思う人へ」から始まる。

ちょっとうまくメールやブログ文章が書けたらと思って購入しました。

第1章第1発。三行で撃つ。書き出しを外すと、次はない。なるほど文章の書きだしから読者の興味を引き付けないと読んでもらえない。その通り。この本も三行読んで購入しました。さすが朝日新聞で文章を鍛錬した著者の文章力は強力です。

 

村上春樹の「風の歌を聴け」のように英語で書いて、後で日本語に書き直したら、主語が明確になりますが、日本語は主語が抜けていても文章の意味は伝わるので、英語のように主語に拘らなくてもよい。その通りだと思います。

短文で書くだけでは文章が単調になるので、長文を入れることでリズムのある文章になる。心がけたいと思います。

第20発までは文章の書き方、心構えが書いてあり、勉強になりました。

 

第20発からはライターの心構え、何のために文章書くか、生きるために文章を書く。

書きながら新しい発見をし、人生を切り開いていく。書くことは生きることだと書いてあります。

この本を読み終われば気分は小説家になれます。

 

 

坂口安吾の未発表原稿発見

共同通信社の記事

 堕落論」などで知られる作家坂口安吾(1906~55年)が太平洋戦争前に執筆したとみられる原稿用紙41枚の未発表作品が見つかったことが10日、分かった。
浅子逸男・花園大教授(日本近代文学)が昨年11月に東京都内の古書店で入手し、
坂口安吾全集の編集に携わった文芸評論家の七北数人さんと分析を進めていた。

 浅子教授は「一度、活字になった原稿ではなく、未発表の生原稿が出てきたのは大変な衝撃。戦中から戦後に至る安吾作品の流れが分かり、とても興味深い」と語った。
浅子教授によると、筆跡や言葉遣いから安吾の直筆と断定。使われた用紙から36~41年の執筆とみられる。

坂口安吾は好きな作家です。「桜の森の満開の下」は何度も読み返しました。読者を突き放したような剛直な文体に惹かれます。堕落論を書いて戦後流行作家になり旺盛な執筆活動をしましたが、未発表原稿が書かれたのは不遇な時期だったと思います。

優れた作家は売れない荒野の10年を糧にして大成します。坂口安吾の雌伏していた時代の原稿を読んでみたい。

 


 

和紙の里杉原

白い紙には神宿るといわれています。

古代より和紙は貴重品であり、神に供える神聖なものでした。鎌倉幕府の公文書は杉原の紙が指定されていました。日本有数の和紙の産地として栄えていましたが、明治に西洋の製紙技術が導入されてから徐々に衰退していきます。いったん途絶えた伝統技術を壽岳文章氏の和紙研究により紙漉きが復活しました。研究所の隣に寿岳文庫があり、和紙に関する文献が展示されています。

和紙研究所のそばに清流があり、川ならしができます。楮の白皮を杉原川に一昼夜浸して、冷水、日光、雪など自然を利用して白くする。寒いほど良い和紙ができるそうです。墨も寒いほど良いものができるといわれています。

f:id:bouzan:20210209155708j:plain

冬の杉原和紙研究所

国道をはさんで西側にはパワースポットとして有名な青玉神社があります。

推定樹齢千年といわれる杉があります。

f:id:bouzan:20210209160038j:plain

青玉神社

道の駅杉原紙の里。レストラン車留満と特産品の販売所があります。

f:id:bouzan:20210209160637j:plain

レストラン車留満

 

アイデアを考える方法

思考地図 エマニュエル・トッド著 大野舞訳

著者はソ連崩壊を予測したことで有名です。この本は自分の思考方法を解説した本です。哲学は役に立たない。頭の中だけで考える思考を否定しています。

1・処理能力としての知性

例えばIQテストなどで測定できるもののことです。計算的な「処理能力」といってもいいでしょう。

2・記憶力という知性

歴史学者になるために記憶力というのも1つの知性で、アイデアや意味を見出すまでに、大量の事実やデータをかき集める必要があり、そういう意味でも記憶力は大切だと言っています。

3・創造的知性

すでに手元にあるデータを説明する、あるいは形づくるために脳にあるさまざまな要素を自由に組み合わせ、関連づけることができる知性のことです。

3の創造的知性が斬新なアイデアを生み出すといっています。

無から何かを生み出すことはできない。思考の出発点はファクトやデータを集めて関連性を見出し、通常の状況から外れたものに関心を持つことだと言っています。

この本は日本向けに書かれて日本だけで出版されています。コロナの後日本がどうなるかの予測がされています。エマニュエル・トッドの予測通りになるかどうかわかりませんが。