bouzan takami

書的田舎暮らし

日本の心象 刀剣、風韻、そして海景 姫路市立美術館

日本の心象 刀剣、風韻、そして海景 姫路市立美術館

開催期間 2021年7月3日(土曜日)から9月5日(日曜日)

 

パンフレットに「世界遺産姫路城を擁する姫路の地に刀剣ファン必見の名刀が勢揃い」と書いてありました。刀剣ファンは年配の方が多いと思っていたら、若い女性の方が多かった。

 

説明パネルに刀剣の写真が掲載されていてわかりやすく説明されていた。刀剣の刃文が同じものがなく刀匠の個性がよくわかりました。

刀剣に彫られている龍の絵や文字などは見事です。刀匠の方に聞いた話ですが、絵より文字を彫るのが難しいようです。刀剣ファンのかたには必見の展覧会です。

 

世界的な現代アーティストの杉本博司さんの海景の作品が展示されています。刀剣の刃文と海景の空と海のコントラストが似ているように見えました。

 

f:id:bouzan:20210728160535j:plain

姫路市立美術館

 

室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界

室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界 清水克行著

 

ハードボイルドな題名に興味を惹かれて本を買った。幕府にも朝廷にも実力がなく自分は自分で守るしかなかったアナーキーな時代。生きるためには何でもありの実力の世界です。

 

何でもありの中世は落書きが盛んに行われていたようです。

神社仏閣に落書きをするのは結縁の意味もあった。絵巻の中に西行法師が玉垣に落書きをする場面が描かれています。公然と落書きが行われていたようです。

 

現代日本では落書きがアートとして認められれば違法性を問われないようです。バンクシーの落書きを保存した知事もいます。ストリートアートは時代の最先端アートになりました。

欧米でストリートアートが評価される前から、室町時代にはストリートアートが公然と行われていたようです。

 

室町時代は軍事も外交も裁判もまともでなかったのに、能、茶の湯、建築、庭園など優れた文化がうまれています。バサラな精神が文化を作る。

 

f:id:bouzan:20210725145926j:plain

圓教寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵庫陶芸美術館 後期 特別展 赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ―

兵庫陶芸美術館 後期 特別展 赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ―

 

7月20日から後期展が始まりました。人が多いなと思っていたら、「夏休み! 1日 まるごと こどもの日」というイベントが開催されていました。親子でメモを持って作品鑑賞をしていました。

 

f:id:bouzan:20210723091131j:plain

兵庫陶芸美術館渡り廊下

古伊万里は伝統を継承するだけでなく南蛮の絵付けのような新しいデザインを取り入れています。輸出用に考えられたのでしょうが、新鮮で需要があったのだと思います。

f:id:bouzan:20210723091241j:plain

南蛮絵付け

 

 丹波焼の常設展もあります。古丹波の重厚な壺は迫力があります。

f:id:bouzan:20210723091404j:plain

丹波焼

美術館は山の中にあり庭園を歩いていると涼しい風が通ります。

f:id:bouzan:20210723091433j:plain

兵庫陶芸美術館庭園

 

短編回廊 アートから生まれた17の物語

短編回廊 アートから生まれた17の物語 ローレンス・ブロック

 

アート作品を題材にした短編小説集です。ローレンス・ブロックがアイデアを出し、17人の小説家に依頼してできた短編集です。アート作品を見て作家が短編小説を書くアイデアはおもしろいと思います。

 

作家がアート作品を見て小説のストーリーを考えるのは、美術批評家と違った視点で見るので新鮮です。小説家がどうやってイメージを膨らませるのか興味深い。最後まで一気に読みました。

 

ゲイル・レヴィンが書いた(ジョージア・オキーフ花のあと)短編小説というより、美術批評だと思いました。エドワード・ホッパーを題材にした短編集「短編画廊」でもホッパーの遺作整理の裏話があります。フィクションなので嘘か本当かわかりませんがアート業界の生々しい話でした。

 

f:id:bouzan:20210718135247j:plain

 

生贄探し 暴走する脳

生贄探し 暴走する脳 中野信子 ヤマザキマリ

認知科学中野信子さんとイタリアの歴史に詳しい漫画家のヤマザキマリさんの対談集です。おふたりの専門分野がクロスする部分が刺激的です。対談形式は二つの視点からの相乗効果があっておもしろいです。

 

日本人は空気を読んで自己主張しないといわれています。それは悪いことではないと思います。日本は平和で平等な社会が長く続いて自己主張しなければ生きていけない社会ではない。日本人のヤマザキマリさんは自己主張しなければ生きていくのは難しいイタリアで暮らして、しっかりイタリアの社会に適応されています。日本人は適応能力が高いので厳しい環境になればそれに対応できます。

 

中野信子さんは日本人がおとなしく、闘争心もなく、自己主張もできないのであれば近隣諸国に支配されていた。日本が独立した国家を維持してこれたのだから自己主張できるし闘争心もあると主張されています。

 

日本はオワコンとか、人口減少によって衰退するとかの意見がありますが、環境が厳しくなれば上手に適応していくと思います。

 

f:id:bouzan:20210712081208j:plain

日はまた昇る

 

 

美術は宗教を超えるか

美術は宗教を超えるか 宮下規久朗 佐藤優

 

西洋美術のルールで現代アートの評価がされます。現代アートを理解しようとおもえば西洋美術史を学ぶ必要があります。西洋美術史は宗教の知識がないと理解しにくい。この本は美術史と宗教の専門家の対談形式で書かれて読みやすくまとめられています。うまく画像が挿入されていて理解しやすいです。

 

イコンは神を見る窓であると説明されています。見えないものをみるためのもので、コピーでもよいとされています。マリリンモンロー=マリア像とすれば、マリリンモンローの写真のコピーはイコンになります。アンディーウォーホルのマリリンモンローのコピーもアートであると理解できます。

 

宗教美術が見えないものを見るイコンであるなら、アートもまた見えないものを見る力を持つものです。

 

f:id:bouzan:20210705154926j:plain

マニラの教会

 

 

古伊万里に魅せられて 兵庫陶芸美術館

赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ― 

兵庫陶芸美術館

会期6月12日(土)から8月29日(日)

 

日本の陶磁器は西洋美術史的には工芸品として扱われていました。最近はアートとして評価されるようになってきました。村上隆さんが日本の陶器のコレクションをしているようです。

 

赤木清士コレクションは江戸から明治の作品が集められています。明治になって西洋の文化が入ってきて陶器の意匠も大きく変化しているのがわかります。見ごたえのあるコレクションです。

 

古伊万里以外の陶器も展示されていて、産地による違いも分かるように展示されています。風土の違いがよくわかります。

 

陶器がセットで展示してあるので、生活のなかでどのように使われていたかわかります。

 

f:id:bouzan:20210626153113j:plain

古伊万里01

f:id:bouzan:20210626153209j:plain

古伊万里大皿

f:id:bouzan:20210626153305j:plain

陶芸美術館庭園